Alfred Sargent(アルフレッドサージェント) 革靴

2022/8/23

ガラスレザーにキズが付いてしまった。その時、どうすればいいの?

みなさん、こんにちは(#^.^#) 「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアのジンです。 革靴で、人生を楽しんでいきたい!ということで 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪ 今回は、「ガラスレザーに傷がついた時、どうすればよいのか?」について、レポートしていきたいと思います!   「ガラスレザー」とは? 「ガラスレザー」とは、表面が樹脂でコーティングされている革のことです。 特徴としては、 ・耐水性に優れる ・光沢感が強い ・お手入れが簡単 などが ...

JM.Weston(ジェイエムウエストン) 革靴

2022/3/2

第二の皮膚に向けて『J.M.WESTON GOLF』を1年半履き続けた結果は?

「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアの『ジン』です。 「革靴と人生を楽しむ!」という想いで、日々革靴の楽しさを追究しています! 私の経験や情報を発信することによって、喜んでくれる人がいたら嬉しいです♪   今回のエンタメポイント! 今回は、万力締めと言われる修業期間を終えた『J.M.WESTON GOLF』の履き心地の変化についてご報告します♪ 前回の報告で、1年間『GOLF』を履き続けて、万力で締められるような痛みは無くなったとお伝えしました。 しかしながら、第二の皮膚と言われ ...

Alfred Sargent(アルフレッドサージェント) 革靴

2022/2/11

新たな相棒は「アルフレッドサージェント」ストレートチップ!

みなさん、こんにちは(#^.^#) 「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアのジンです。 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪ 今回は、新しい仲間が増えたので、ご紹介したいと思います。 私が大好きなイギリスの靴「アルフレッドサージェント」のストレートチップです。   『アルフレッドサージェント ストレートチップ』購入! イギリスはノーサンプトン製の革靴『アルフレッドサージェント』のストレートチップを中古で購入しました♪   これが新たな相 ...

Jalan Sriwijaya(ジャランスリウァヤ) 革靴

2021/12/6

【3万円台の本格革靴】冠婚葬祭OKなストレートチップ5選!

みなさん、こんにちは(#^.^#) 「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアのジンです。 革靴で、人生を楽しんでいきたい!ということで 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪ 今回は、私が良いと思っていて購入を検討した3万円台の「ストレートチップ」の本格革靴5選を取り上げてみたいと思います!   ストレートチップの革靴とは? 「ストレートチップ」とは上記写真のような革靴のことです。 具体的には、トゥ部分に一本ストレートな線が入っている靴のことを「スト ...

JM.Weston(ジェイエムウエストン) 革靴

2021/11/23

【万力修行⓺】ついに「万力修行」終了⁈ ジェイエムウエストン『GOLF』1年報告!

みなさん、こんにちは(#^.^#) ”エンタメ革靴ブログ”を運営しているエイジングマニアのジンです。 「革靴で人生を楽しむ」というコンセプトで、 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪   今回のエンタメポイント! 現在、『J.M.WESTONGOLF』を履き慣らすという「万力修行」を継続しています(>_<) 大変な苦行であるこの「万力修行」もついに12カ月を超えてきました。 ということで、「万力修行⓺」です(>_<) 6回目の報告という ...

Edward Green(エドワードグリーン) 革靴

『エドワードグリーン チェルシー』3年履いたらどうなった?

エドワードグリーン チェルシーについて

エドワードグリーンに憧れて、2017年にダークオークの『エドワードグリーン チェルシー』を購入しました。

今はなき、銀座のエドワードグリーンでフィッティングしてもらい即買いでした。

ラストは細身の「82」で、私の足に合っています。

サイズは、他の靴同様UK6.5です。

このように箱に記載があります。

靴の内側にも同じ情報が書かれています。

はじめは「キツイかな~」と心配でしたが、コルクの沈みもあり問題ありませんでした。

雨の日には、履いていないものの、コンスタントに毎週1回は履き続けた感じです。

 

エドワードグリーン3年間履いた感想は?

毎週履き続けたエドワードグリーンの感想は、一言で言って『最も履き心地が良い靴』です。

当初3か月ほどは、噛み付かれてしまい「一筋縄ではいかなそうだ」と

思っていました。

しかし、いったん馴染んでくるとドンドン寄り添ってきてくれて、

今では、密着して離れてくれません。

かかとをしっかり掴まれている感じがあり、

一日履いても、疲れがなく、早く靴脱ぎたいな~と思うことは皆無です。

ですので、帰りが遅くなりそうなときは、チェルシーを履くことが多いです。

 

経年変化は?

見た目は大きく変わりません。

WAXを使用していないので光沢感が少なく、いかにも高級靴というオーラはないのですが、

普段履く靴としては、気を使わない友人みたいな感じなので、とても気に入っています。

コルクの沈み込みもあり、羽根はだいぶ閉じてきました。

足形がクッキリと形作られ、まさに私専用のチェルシーに育ってくれました。

暗くてわかりにくいのですが、靴の内側が、足の指の形に合わせた形に変化しています。

 

ソールは?

こんな感じです。

5年でオールソールかなというイメージです。

あと2年弱ですね。

かなり履きこんでいるので、レザーで5年もソールが持つというのは、

質は、かなり良いでしょうね。

 

まとめ

購入当初は、革が硬く足の甲に噛み付かれましたが、

3か月ほどで馴染んできました。

馴染み始めてからの寄り添いがすごく、今では幼馴染のように仲良しです。

エドワードグリーンは一足しか持っていませんが、とても履き心地が良いので、

いつか黒のチェルシーも相棒に加えたいと考えています。

履き心地は、今までの革靴で一番だというのが、今の結論です。

また、変化があればご報告しますね。

それでは、また(@^^)/~~~。

-Edward Green(エドワードグリーン), 革靴

© 2022 エンタメ革靴ブログ Powered by AFFINGER5