Alfred Sargent(アルフレッドサージェント) 革靴

2022/8/23

ガラスレザーにキズが付いてしまった。その時、どうすればいいの?

みなさん、こんにちは(#^.^#) 「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアのジンです。 革靴で、人生を楽しんでいきたい!ということで 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪ 今回は、「ガラスレザーに傷がついた時、どうすればよいのか?」について、レポートしていきたいと思います!   「ガラスレザー」とは? 「ガラスレザー」とは、表面が樹脂でコーティングされている革のことです。 特徴としては、 ・耐水性に優れる ・光沢感が強い ・お手入れが簡単 などが ...

JM.Weston(ジェイエムウエストン) 革靴

2022/3/2

第二の皮膚に向けて『J.M.WESTON GOLF』を1年半履き続けた結果は?

「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアの『ジン』です。 「革靴と人生を楽しむ!」という想いで、日々革靴の楽しさを追究しています! 私の経験や情報を発信することによって、喜んでくれる人がいたら嬉しいです♪   今回のエンタメポイント! 今回は、万力締めと言われる修業期間を終えた『J.M.WESTON GOLF』の履き心地の変化についてご報告します♪ 前回の報告で、1年間『GOLF』を履き続けて、万力で締められるような痛みは無くなったとお伝えしました。 しかしながら、第二の皮膚と言われ ...

Alfred Sargent(アルフレッドサージェント) 革靴

2022/2/11

新たな相棒は「アルフレッドサージェント」ストレートチップ!

みなさん、こんにちは(#^.^#) 「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアのジンです。 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪ 今回は、新しい仲間が増えたので、ご紹介したいと思います。 私が大好きなイギリスの靴「アルフレッドサージェント」のストレートチップです。   『アルフレッドサージェント ストレートチップ』購入! イギリスはノーサンプトン製の革靴『アルフレッドサージェント』のストレートチップを中古で購入しました♪   これが新たな相 ...

Jalan Sriwijaya(ジャランスリウァヤ) 革靴

2021/12/6

【3万円台の本格革靴】冠婚葬祭OKなストレートチップ5選!

みなさん、こんにちは(#^.^#) 「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアのジンです。 革靴で、人生を楽しんでいきたい!ということで 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪ 今回は、私が良いと思っていて購入を検討した3万円台の「ストレートチップ」の本格革靴5選を取り上げてみたいと思います!   ストレートチップの革靴とは? 「ストレートチップ」とは上記写真のような革靴のことです。 具体的には、トゥ部分に一本ストレートな線が入っている靴のことを「スト ...

JM.Weston(ジェイエムウエストン) 革靴

2021/11/23

【万力修行⓺】ついに「万力修行」終了⁈ ジェイエムウエストン『GOLF』1年報告!

みなさん、こんにちは(#^.^#) ”エンタメ革靴ブログ”を運営しているエイジングマニアのジンです。 「革靴で人生を楽しむ」というコンセプトで、 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪   今回のエンタメポイント! 現在、『J.M.WESTONGOLF』を履き慣らすという「万力修行」を継続しています(>_<) 大変な苦行であるこの「万力修行」もついに12カ月を超えてきました。 ということで、「万力修行⓺」です(>_<) 6回目の報告という ...

Berluti(ベルルッティ) 革靴

強烈なオーラを放つ靴「ベルルッティ(Berluti)」のエイジングレポート

13年履いた「ベルルッティ(Berluti)」!

このベルルッティは、私自身2足目のベルルッティです。

1足目のベルルッティが、あまりに良かったので、

仕事で成功を収めた2009年に、青山本店でこのベルルッティを購入しました。

当時、カラリストさんと打合せし、このムラ感のあるブラウンにしてもらいました。

13年間の時が経ち、色は濃く落ち着いてきましたので、

ベルルッティもメンテナンス次第でエイジンが楽しめる靴だと思います。

もちろん、パティーヌすることで染め替えも可能です。

 

ベルルッティの今の状態は?

ソールの状態

雨の日に履かず、キレイな床を歩くことが多かったからなのか、ソールの交換は一度も行っていません。

現在のソールの状態がこちらです。

羽根の閉じ具合

こんな感じです。ちなみにこの位が自分の好みです。

結び方は、「ベルルッティ結び」にしていません(>_<)

踵の状態

色の抜けやシワがありますが、それら経年変化も含めて気に入っています。

でも、踵も全体的には濃くなったような(・・?。。。

靴の中

マッケイ製法なので、コルク層が薄いためなのか、靴の沈み込みはグッドイヤー製法より少なめです。

ですので、フィッティングはグッドイヤー製法ほどタイトでなくても良いかもしれません。

ちなみに、私は普段UK6.5ですが、このベルルッティはUK7です。

店員さんにも、タイトよりはリラックスして履けるサイズを勧められました。

ただし、もし今購入するなら、UK6.5にすると思います。

やはり、馴染むと少し緩くなるので。。。

 

ベルルッティのメンテナンスで大切なこと

気を付けていること

◆とにかく乾燥させない◆

ベルルッティの店員さんからは、

「手で触るだけでも良いので、とにかく靴を乾燥させない」ように言われていました。

ですので、雨の日は履いていません。

メンテナンスでやってること

◆履いた後は馬毛ブラシでブラッシング◆

メンテナンスに関しては、特別なことはしておらず、履いた後馬毛ブラシで埃を落として、

2~3か月に1回「サフィール クレム1925」で磨いているだけです。

磨く際には、上記のグローブで両面磨きをしています。

グローブは、ドイツのペダック社のもので、起毛面でクレムを拭き取った後、ヌメ革面で艶を出しています。

13年間、一度もカラーのクリームを使用したことはありませんし、ワックスも入れたことはありません。

ベルルッティの店員さんのアドバイスを守り続け、乾燥させなかったおかげなのか、

今でもブラシやグローブで優しく撫でるだけで艶々です。

 

ベルルッティの履き心地は?

ベルルッティの履き心地は、一言でいうと

雲の上を歩いているような履き心地」です♪

とにかく「軽く」とにかく「柔らかい」!

とにかく軽い

革もソールも皮膚のように薄く軽いです。

履いたイメージは、一般的なグッドイヤー製法の10分の1くらい軽く感じます。(本当の重さは計っておりませんm(__)m)

とにかく柔らかい

まず、足入れが非常に柔らかい。

そして、ベルルッティの靴ベラ

ベルルッティのヴェネチアレザーを使用した靴ベラで履くと、

フランスの貴族になったような優雅な気分に浸ることができます。(気分だけです・・・)

甲の周りもソール含めて柔らかく、裸足で歩いているように抵抗感がない。

捨て寸も多くあり、変なところに足が当たるようなこともありません。

 

さいごに

以上みてきたように、ベルルッティは履き込んで時が経っても、全く色あせることなく

魔力とも呼べるような風格を備えていきます。

今でも会社に履いていくと、「靴からオーラが出てる」と言われます(笑)

これからも20年、30年と履き続けてレポートしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

ではまた(@^^)/~~~。

-Berluti(ベルルッティ), 革靴

© 2022 エンタメ革靴ブログ Powered by AFFINGER5