Alfred Sargent(アルフレッドサージェント) 革靴

2022/8/23

ガラスレザーにキズが付いてしまった。その時、どうすればいいの?

みなさん、こんにちは(#^.^#) 「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアのジンです。 革靴で、人生を楽しんでいきたい!ということで 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪ 今回は、「ガラスレザーに傷がついた時、どうすればよいのか?」について、レポートしていきたいと思います!   「ガラスレザー」とは? 「ガラスレザー」とは、表面が樹脂でコーティングされている革のことです。 特徴としては、 ・耐水性に優れる ・光沢感が強い ・お手入れが簡単 などが ...

JM.Weston(ジェイエムウエストン) 革靴

2022/3/2

第二の皮膚に向けて『J.M.WESTON GOLF』を1年半履き続けた結果は?

「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアの『ジン』です。 「革靴と人生を楽しむ!」という想いで、日々革靴の楽しさを追究しています! 私の経験や情報を発信することによって、喜んでくれる人がいたら嬉しいです♪   今回のエンタメポイント! 今回は、万力締めと言われる修業期間を終えた『J.M.WESTON GOLF』の履き心地の変化についてご報告します♪ 前回の報告で、1年間『GOLF』を履き続けて、万力で締められるような痛みは無くなったとお伝えしました。 しかしながら、第二の皮膚と言われ ...

Alfred Sargent(アルフレッドサージェント) 革靴

2022/2/11

新たな相棒は「アルフレッドサージェント」ストレートチップ!

みなさん、こんにちは(#^.^#) 「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアのジンです。 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪ 今回は、新しい仲間が増えたので、ご紹介したいと思います。 私が大好きなイギリスの靴「アルフレッドサージェント」のストレートチップです。   『アルフレッドサージェント ストレートチップ』購入! イギリスはノーサンプトン製の革靴『アルフレッドサージェント』のストレートチップを中古で購入しました♪   これが新たな相 ...

Jalan Sriwijaya(ジャランスリウァヤ) 革靴

2021/12/6

【3万円台の本格革靴】冠婚葬祭OKなストレートチップ5選!

みなさん、こんにちは(#^.^#) 「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアのジンです。 革靴で、人生を楽しんでいきたい!ということで 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪ 今回は、私が良いと思っていて購入を検討した3万円台の「ストレートチップ」の本格革靴5選を取り上げてみたいと思います!   ストレートチップの革靴とは? 「ストレートチップ」とは上記写真のような革靴のことです。 具体的には、トゥ部分に一本ストレートな線が入っている靴のことを「スト ...

JM.Weston(ジェイエムウエストン) 革靴

2021/11/23

【万力修行⓺】ついに「万力修行」終了⁈ ジェイエムウエストン『GOLF』1年報告!

みなさん、こんにちは(#^.^#) ”エンタメ革靴ブログ”を運営しているエイジングマニアのジンです。 「革靴で人生を楽しむ」というコンセプトで、 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪   今回のエンタメポイント! 現在、『J.M.WESTONGOLF』を履き慣らすという「万力修行」を継続しています(>_<) 大変な苦行であるこの「万力修行」もついに12カ月を超えてきました。 ということで、「万力修行⓺」です(>_<) 6回目の報告という ...

その他 靴磨き

サフィールノワール「レノベイタークリーム」の正体とは?   

今まで、レノベイタークリームを使わなかった理由

私自身、以前からレノベイタークリームを持っていましたが、

自ら好んで使うことはなく、全然減らないクリームの代表格でした。

テクスチャは、クレム1925と比較するとレノベイタークリームはいかにもクリームという感じです。

クレム1925との違いは、

・値段が高い

・ツヤが出にくい

・香りが微妙

えっ、欠点ばかりじゃん・・・。

これが、レノベイタークリームをあまり使用しなかった理由です。

しかし、ちょっと考えてみてください。

「なぜ、このクリームが存在するんだろう?」

そう考え、調べれば調べるほど、このクリームのすごさがわかってきたんです!

今では、180度評価が変わり、絶対に手放せないクリームの一つです。

以前の私のように、レノベイタークリームの素晴らしさを知らずに、

革靴ライフを過ごすのは、勿体ない。

ということで、私が体感したレノベイタークリームの凄さを共有しますね(#^.^#)

 

レノベイタークリームの位置づけ(どんな時に使うのか?)

レノベイタークリームは、スムースレザー専用のリッチクリームという位置づけです。

クレム1925が油性であるのに対して、レノベイタークリームは乳化性ですので、

靴が乾燥気味など、革に潤いと栄養補給を与えたいときに使用するクリームというイメージです。

 

レノベイタークリームの成分

まずは、成分を見ていきましょう。

蓋には、誇らしげに「ミンクオイル配合」と謳われています。

詳細は、クリームの底に貼ってあるシールに書いてありました。

そのシールがコチラ↓

主成分は、蜜蝋ミンクオイルラノリンがベースとなっています。

見た目が似ているクレム1925は、ロウや有機溶剤を主成分とするので、中身は全く異なります。

蜜蝋は、ミツバチの巣を精製して作られた天然素材のワックスです。

とても粘性が高いため、ハンドメイドコスメの材料としても人気です。

ミンクオイルは、ミンクという動物から取れる油脂で作られたオイルです。

一般的にブーツのケア用品として使われています。

塗りすぎると革が柔らかくなりすぎるため、注意が必要です。

ラノリンは、化粧品にも使われる羊の脂です。

羊飼いの手がキレイなのは、保湿効果が高いラノリンのおかげと言われています。

以上が、レノベイタークリームの成分です。

とっても、いいモノをふんだんに使用している。。。

分かる人だけ使えばいいと言わんばかりの玄人向けクリームと言った感じです。

どうりで、値段がお高いわけだ(>_<)

 

レノベイタークリームの効果

蜜蝋が、革に栄養を与え、つやを出します。

そして、ミンクオイルによって、革に柔軟性を与えます。

ラノリンの効果で、革がしっとりして乾燥を防ぎます。

ちなみに、ラノリンはルーマニアの老化研究所で、

アンチエイジングに一番効果的なのはラノリンクリームであると結論付けられたほど、保湿効果が認められている成分なんです。

レノベイタークリームの効果を、一言でいうと、

『革靴となが~く付き合うためのクリーム』と言えるでしょう。

ただし、使いすぎると革が柔らかくなり、型崩れにつながりますので、

私は、靴の乾燥が進んできたなというタイミングで使用しています。

あと、雨で靴が濡れてしまった後とかですね。

 

レノベイタークリームの使い方

ビンの側面にも分かりやすく書かれています。

使い方としては、4ステップです。

⓵汚れを落とす

⓶レノベイタークリームを塗る

⓷3分待つ

⓸布で乾拭きする

以上です。

簡単と思えるのですが、案外「⓷3分待つ」をやっていない方が多いのではないでしょうか。

私も以前は、すぐにクリームが浸透した感じがするので、待たずに乾拭きしていました。

しかし、革に栄養を浸透させるために、この3分がとっても大切です。

 

いざ実践

それでは、実際にレノベイタークリームを塗っていきましょう。

いざ、実践!

アンチエイジングに強いクリームなので、モデルは23年選手の『アルフレッドサージェント』に努めてもらいました。

 

1.汚れを落とす

初めに馬毛ブラシとクリーナーで汚れを落としましょう。

 

2.レノベイタークリームを靴に塗る

レノベイタークリームは、ネットリしているので、ペネトレイトブラシで塗るのがおススメです。

 

3.3分待つ

ここでの3分はかなり長く感じるので、私はこの間に筋トレ(腹筋)をすることにしています(笑)

3分後、肌に吸い付くようなシットリした手触りになります。

アスタリフトを使った後の「あの感覚」です。(分かりませんよね・・・)

4.レノベイタークリームを拭き取る

豚毛ブラシで余分なクリームを取り、いつものペダック レザーグローブで拭き取りました。

右側が、レノベイタークリームで仕上げた靴です。(微妙か⁉)

右のほうが光の反射が多くなってますよね?(;^_^A

クレム1925のようにピカッと光らせるわけではないので、写真では変化は分かりにくいのですが、

実物では、自然な光沢感がありすごくキレイです。

このまま外出したとしても、「磨いたばかりのイイ靴」という感じに仕上がっていると思います。

 

レノベイタークリームに『撥水効果』は有るのか?

結論から申し上げて、撥水効果はありません。

以前、『チーニー ケンゴン』で実験した画像がありますので、ご紹介します。

レノベイタークリームを塗った後に水を垂らした画像がコチラ↓

レノベイタークリームに撥水効果はありませんでした。

ただ、この後布で拭いたら、水を吸っているわけではなかったので、

ミンクオイルの効果によって、オイルドレザーのようになっているのかもしれません。

 

まとめ

「レノベイタークリーム」をいろんな観点からご説明してきました。

革の乾燥を防ぎ、栄養と柔軟性を与えるアンチエイジングクリーム。

それが、レノベイタークリームの正体です。

使い方や効果を知ることで、本当に頼れるクリームとなります。

相棒(革靴)と永く付き合うためにも、レノベイタークリームをおススメいたします。

みなさまも、使ってみてはいかがでしょうか。

それでは、また(@^^)/~~~。

-その他, 靴磨き

© 2022 エンタメ革靴ブログ Powered by AFFINGER5