Alfred Sargent(アルフレッドサージェント) 革靴

2022/8/23

ガラスレザーにキズが付いてしまった。その時、どうすればいいの?

みなさん、こんにちは(#^.^#) 「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアのジンです。 革靴で、人生を楽しんでいきたい!ということで 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪ 今回は、「ガラスレザーに傷がついた時、どうすればよいのか?」について、レポートしていきたいと思います!   「ガラスレザー」とは? 「ガラスレザー」とは、表面が樹脂でコーティングされている革のことです。 特徴としては、 ・耐水性に優れる ・光沢感が強い ・お手入れが簡単 などが ...

JM.Weston(ジェイエムウエストン) 革靴

2022/3/2

第二の皮膚に向けて『J.M.WESTON GOLF』を1年半履き続けた結果は?

「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアの『ジン』です。 「革靴と人生を楽しむ!」という想いで、日々革靴の楽しさを追究しています! 私の経験や情報を発信することによって、喜んでくれる人がいたら嬉しいです♪   今回のエンタメポイント! 今回は、万力締めと言われる修業期間を終えた『J.M.WESTON GOLF』の履き心地の変化についてご報告します♪ 前回の報告で、1年間『GOLF』を履き続けて、万力で締められるような痛みは無くなったとお伝えしました。 しかしながら、第二の皮膚と言われ ...

Alfred Sargent(アルフレッドサージェント) 革靴

2022/2/11

新たな相棒は「アルフレッドサージェント」ストレートチップ!

みなさん、こんにちは(#^.^#) 「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアのジンです。 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪ 今回は、新しい仲間が増えたので、ご紹介したいと思います。 私が大好きなイギリスの靴「アルフレッドサージェント」のストレートチップです。   『アルフレッドサージェント ストレートチップ』購入! イギリスはノーサンプトン製の革靴『アルフレッドサージェント』のストレートチップを中古で購入しました♪   これが新たな相 ...

Jalan Sriwijaya(ジャランスリウァヤ) 革靴

2021/12/6

【3万円台の本格革靴】冠婚葬祭OKなストレートチップ5選!

みなさん、こんにちは(#^.^#) 「エンタメ革靴ブログ」を運営しているエイジングマニアのジンです。 革靴で、人生を楽しんでいきたい!ということで 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪ 今回は、私が良いと思っていて購入を検討した3万円台の「ストレートチップ」の本格革靴5選を取り上げてみたいと思います!   ストレートチップの革靴とは? 「ストレートチップ」とは上記写真のような革靴のことです。 具体的には、トゥ部分に一本ストレートな線が入っている靴のことを「スト ...

JM.Weston(ジェイエムウエストン) 革靴

2021/11/23

【万力修行⓺】ついに「万力修行」終了⁈ ジェイエムウエストン『GOLF』1年報告!

みなさん、こんにちは(#^.^#) ”エンタメ革靴ブログ”を運営しているエイジングマニアのジンです。 「革靴で人生を楽しむ」というコンセプトで、 日々、革靴の楽しさを発見し、皆さんに共有出来たら嬉しいなと考えています♪   今回のエンタメポイント! 現在、『J.M.WESTONGOLF』を履き慣らすという「万力修行」を継続しています(>_<) 大変な苦行であるこの「万力修行」もついに12カ月を超えてきました。 ということで、「万力修行⓺」です(>_<) 6回目の報告という ...

trickers(トリッカーズ) 革靴

【徹底比較】トリッカーズ2つの木型(ラスト)の違いについて

トリッカーズの木型(ラスト)

トリッカーズには、代表的な木型(ラスト)が、2つあります。

一つは、バートンなどの短靴に使われる木型「4444」

もう一つは、モールトンなどのブーツに使われる木型「4497S」

この2つの木型の特徴が、かなり違うのでトリッカーズのサイズ選びは難しいと言われます。

私自身、トリッカーズのカントリーブーツ『イートン(モールトン別注)』を購入した後、

『バートン』を買うときにかなり悩みました。

わざわざ、公式ホームページに「4444」だけハーフサイズダウンをオススメしてるってどういうこと??

なので、同じサイズで良いのか?

それともハーフサイズダウンしたほうが良いのか?

おおいに悩みました。

結局、私は『バートン』のサイズを『イートン(モールトン別注)』より、

ワンサイズ落として購入しました。

具体的には、以下のサイズです。

・イートン(ブーツ):UK7

・バートン(短靴) :UK6

理由は、ブーツの『イートン』は、厚手の靴下を履くことを考えてハーフサイズアップして購入したので、

短靴の『バートン』は、通常履いているUK6.5からハーフサイズダウンして購入しました。

結果としては、大成功でした。

今では、両靴とも馴染んできています。

ですので、今回は2つの木型(ラスト)の感想を共有したいと思います!

 

木型「4444」の特徴

幅広で甲も高く、ゆったりしているのが特徴。

ただし、アーチラインがギュっと絞られているため、踵と土踏まずでホールドする感じ。

靴の内側のカーブが鋭角で、土踏まずのところが絞り込まれています。(下の写真右側)

 

実際、履いた感想も足の前の方はかなり自由に動き、靴を履いていないかのように足の指が動くため、

まさにトゥ周りは、フリーダム!(^^)!

小指と土踏まずと踵の3点ホールドというイメージ。

普段の靴より、サイズは小さいがかなりゆとりがある。

キツイ、タイト、修行、これらの言葉とは無縁でした。

確かに革は、硬いけど返しもついているし、当たるところが踵と土踏まずと小指と少ないので足が痛くならない。

「カッチリ」というよりは「ゆったり」という感じで、

ビジネスでも勝負の日ではなくリラックスできる日に履きたい木型なんです。

 

木型「4497S」の特徴

幅広ではあるが、「4444」ほどではない。

甲の高さはかなり低く抑えられている。

2つの木型(ラスト)の甲の高さを比較してみましょう。

ラスト「4444」

ラスト「4497S」

両靴ともメダリオンの模様は一緒なのですが、上記写真ではメダリオンの位置が違います。

いかに「4444」が甲高で、「4497S」が薄いかがお分かりになると思います。

次に、アーチラインですが、「4497S」は寸胴というか、絞られているわけではない。

ソールを縫っている糸を見ると分かるのですが、内側のカーブが緩やかです。

なので、そんなにトゥが膨らんでいるわけでもなし、ウエスト部分が絞られているわけでもないことが分かります。

まさに「4497S」は、シューレースを締めることで、足全体をホールドする木型(ラスト)です。

実際に履いた感じは、足全体をトリッカーズに抱きしめられているかのように面で包み込むイメージなので、

いい意味で全く足が動かない。

足と靴が一体化しているため、オフロードを歩くにはとっても安心感がある。

まさにアウトドアで激しく使われるのにふさわしい木型なんです。

 

まとめ

「4497S」は、シューレースを締めて、足全体をホールドするので、

万人にフィットすると思います。

やっぱりサイズ選びが難しいのは「4444」でしょうね。

普通に選んだら「ユルユル」になりかねません。

実際、ネットの記事でもトリッカーズのサイズ選びに失敗した人の意見が多いのは、「4444」の方ですしね。

バートン買うときはサイズ選び注意ですよ‼

ふだん履いている靴より、ハーフサイズ小さめをオススメします!

というわけで、私自身の経験から「トリッカーズ2つの木型の違い」を共有させていただきました。

これから、トリッカーズデビューの方も、2足目の方もご参考にしていただけたら嬉しいです♪

それでは、また(@^^)/~~~。

 

 

-trickers(トリッカーズ), 革靴

© 2022 エンタメ革靴ブログ Powered by AFFINGER5